不用品回収業者はどう選ぶ?事前に確認すべき3つのポイント

引越しなどの際に、不用品回収業者を検討することは少なくありません。しかし、いざインターネットで検索すると、あまりにもたくさんの業者がヒットし、どこに依頼すべきか悩んでしまいますよね。なかには詐欺まがいの業者もあるため、不用品回収業者選びには注意が必要です。ここでは、不用品回収を依頼する前に事前に確認すべきポイントをまとめました。

市町村から許可を得ている業者で賠償責任保険に入っていること

不用品を一般家庭から回収して処理する業者は、市町村から「一般廃棄物収集運搬許可」を得る必要があります。しかし、数ある不用品回収業者の中には、無許可で不用品の回収・処理を行っているところもあるのです。悪質な場合、軽トラ1台で各地を転々としている場合もあります。許可を持たない業者による不用品の回収はもちろん違法ですし、そのような業者ではどこで処分しているかもわかりません。所在地が明確ではない業者に依頼してトラブルが生じた場合、後からその業者に連絡を取ることは絶望的です。

また、不用品回収の作業中に何らかのトラブルがあった場合を考えて、賠償責任保険に加入している業者を選ぶことも大切です。賠償責任保険に加入している業者であれば、もし作業中に自宅や処分しない物などが壊されても保険が適応されます。これらの情報は、業者のHPや電話などで確認できます。不用品回収を依頼する前に、信頼できる業者かしっかり確認するようにしましょう。

わかりやすい料金設定になっている

不用品回収会社の料金体系は、その業者により見積もり項目や算出方法が異なります。料金体系は大きく3パターンに分けられ、最も多いのは基本料金+不用品の料金というパターンです。この料金体系は見積もりが分かりやすく、後から追加料金を請求される可能性も低いためおすすめです。不用品のサイズや数に関わらず料金が一律な定額パックは、一見一番お得そうに感じるかもしれません。しかし、このプランは基本的に「トラック1台でいくら」という料金設定です。そのため、トラック1台分よりはるかに少ない不用品量でも一律料金ですし、不用品量が少しでもオーバーすればトラック2台分の料金が請求されます。見積もり時はトラック1台といわれていても、いざ積み込んでみたら2台必要になることもありますから、かなりシビアに不用品量とサイズを考えなければなりません。さらに、注意が必要なのは、「サイズ・数・重量に基づく単価料金」のパターンです。

これは実際に不用品をトラックに積み込んでから最終的な費用が伝えられるため、事前の比較検討が難しいでしょう。トラックに積み込んだ後に追加料金を請求されるケースも多く、「それなら辞めます」と言い難いのもネックとなります。また、悪質な業者の中には、「処分の単価料金は無料だが、回収費は別」と高額な料金を請求するものも少なくありません。このような悪質な業者は、街中を大音量で軽トラで巡回していたり、空き地で不要品回収を行っていたりするケースが多い傾向です。このほか見積もり時に訪れたスタッフも、悪質業者を見極めるヒントになります。スタッフの身だしなみや言葉遣いはもちろん、料金に対する質問への回答が明確かどうかを確認しておきましょう。料金への質問の回答があいまいだったり、歯切れが悪かったりする場合は、後から追加料金が発生する可能性が高いと考えられます。少しでも怪しいと感じたら、その業者に不用品回収を依頼することはやめましょう。

処分して欲しいものが業者の回収対象に含まれている

不用品回収を業者に依頼するうえで、忘れてはならない確認事項が「処分した不用品が業者の回収対象に含まれている」ことです。一括処分したいから業者に依頼したのに、いざ回収する段階になって回収不可といわれてしまっては元も子もありません。特に、注意したいのが、大型家電(冷蔵庫、洗濯機、テレビ、エアコン)と大型家具(サイズの大きいタンス、ベッドなど)です。これらの不用品を業者が回収してくれない場合、自分で市町村の粗大ごみ回収やリサイクル手配をしなければなりません。大阪府を例に挙げると、粗大ごみの回収費用は、200円・400円・700円・1,000円の4区分です。サイズの大きなタンスやベッドはいずれも1,000円かかりますので、不用品回収業者が回収してくれなかった場合は別途2,000円の支出が生じます。さらに問題なのは、テレビなどの家電です。これらは市町村では対応してもらえず、家電販売店(そのお店で購入した場合のみ対応)や郵便局(購入店舗不明の場合)で、リサイクルを申し込まなければなりません。費用も高額で、例えば、16型以上のテレビなら2,916円、171リットル以上の冷蔵庫なら4,644円、洗濯機なら2,484円かかります。1つ1つの費用はそこまで大きくないかもしれません。しかし、すべて不用品回収業者に引き取ってもらえないとなると、総額でかなりの支出になってしまいます。不用品回収を業者に依頼する場合は、申し込み前にしっかり回収対象品を確認しておくようにしてください。