不用品回収業者はなんでも回収してくれる?できないものはある?

引越しや家のリフォーム時に、大量のゴミが出たとき、不用品回収業者に回収依頼を検討することもあるでしょう。自治体でも回収してくれますが、不用品の種類が多いときには、まとめて一度に処分するのは難しい場合があります。直接持ち込まなければならないこともあるでしょう。そのため、不用品回収業者はまとめて不用品を回収してくれるので、時間がないときには、とても助かる存在といえます。しかし、不用品はなんでも回収してくれるのか気になるところです。不用品回収業者により多少の違いはありますが、回収できないものがあることをご存じですか?ここでは、大阪で回収できない可能性のある不用品について詳しくみていきましょう。

生ものなどを含む食品類や生き物

食品については回収できない可能性が高いです。ビン詰め、缶詰や乾物なども回収しないことがあるので覚えておくとよいでしょう。缶詰や瓶詰めを処分するときは、中身をいったん出して可燃ごみとしてゴミの日に出します。容器は燃えないゴミの日やお住まいのゴミ集積所の回収日にあわせて処分します。生ゴミも基本的には回収できません。

しかし、取り扱っている業者は少ない傾向にありますが、不用品回収業者のなかには食品リサイクル法の許可を取得していることがあります。このような業者をみつけることができれば、いったん生ゴミを回収してくれて、肥料や飼料などにかえるような手配が可能です。しかし、多くの不用品回収業者は生ゴミや分別していない状態の食品ゴミについて回収しない可能性があります。特に、量が多ければ難しいといえるでしょう。

食品全般のみならず、不衛生な状態のものも引き取れないことがありますので、不明な点は直接不用品回収業者に問い合わせてみるとよいでしょう。また、生き物は回収しません。動物全般や死がいなどは対象外となります。そのため、死がいは保健所に連絡、ペットなどの生き物は引き取ってくれる人を探すか、保護施設などに相談して引き取りをお願いするようにしましょう。

医療器具類や危険物全般

個人宅で薬品などを保管していることは、それほど多くないでしょう。しかし、時には家族の方の持病の治療や介護などにより注射針や点滴などのビンがなんらかの原因で回収しない状態になっていたために、不用品として出てくることがあります。また、農作業や動物の飼育をしているときには、特殊な薬品など中身が残ったまま不用品となる場合も考えられます。不用品回収業者はこれらの品を基本的には回収しないので、役所に問い合わせたり、専門の業者に回収を依頼する必要があるでしょう。

また、家庭によくあるものとしては、スプレー缶やライターなどですが、これらはガスを抜いてからでないと回収ができません。特に、たくさん回収してほしい場合は、ガスが残っている可能性も考慮してガス抜きのために時間がかかることと、作業に危険が伴うために不用品回収業者は回収しない可能性があります。プロパンガス、ガスボンベや酸素ボンベなども同様の理由で回収が難しいことがほとんどです。スプレー缶やライターなどは、ガスをしっかり抜いてあれば自治体で回収してくれることもあります。さらに、不用品回収業者によっては、回収してくれる場合としてくれない場合があるものとしては、産廃物や大型ゴミの一部です。汚泥や廃油、廃タイヤなどの産廃物は問い合わせをして確認することが必要です。

また、ウッドカーペットやパーティション、大量のガラス、畳、コンクリート、瓦、アスベストを含む建築廃材全般もすべての不用品回収業者が回収できるわけではないので注意しましょう。消火器や蛍光灯も大量の場合には回収できない可能性があります。仏壇やマッサージチェア、ピアノ、オルガン、金庫、大きな植木鉢など大型のゴミなども同様に、回収できないことがあるでしょう。焼却炉や大型のストーブなども回収が難しいです。

紙類や個人情報が入ったデータなど

不用品回収業者は本や新聞、段ボールなどの紙ごみを基本的に回収しないと考えておいた方が無難です。そのため、大量にあるときは、ちり紙交換などで回収をお願いしましょう。ティッシュやトイレットペーパーなどに交換してもらえます。また、個人情報を含んだ書類や郵便物も回収しないことが多い傾向です。たとえば、個人名や特定の企業名が入った請求書や契約書、保険証券などは回収しませんので、シュレッダーにかけて燃えるゴミの日に少しずつ出すようにしましょう。

さらに、紙だけでなくビデオテープ、CDやMDに記録されているデータも個人情報が入っているものはすべて対象になります。もし、個人情報が含まれている場合には、こちらもシュレッダーで細かく粉砕して燃えないゴミの日に出すとよいでしょう。さらに、工業所有権や著作権、肖像権などの他人の権利を侵害する可能性のあるものや、盗品などの物品は回収できませんので注意しましょう。