大阪で不用品回収をお得に依頼するコツとは?

大掃除や引っ越しなどで悩みになるのが大量に出た不用品の処分です。普段はなかなか取りかかれない場所の片付けをしても、肝心のゴミが処分できなければ意味がありません。大阪府は地域ごとで回収方法が分かれていますが、家電品や粗大ゴミは回収できない地域も多く見受けられます。処分が難しい粗大ゴミは不用品回収業者を利用しましょう。ここでは、できるだけお得に依頼できるポイントについて解説します。

やっぱりこれは重要!見積もりを取って交渉する

依頼する前にまず金額を確認するのは大事なことです。しかし、金額が分かったところでそれでいいということにはなりません。見積もりからどう費用を下げてもらえるか交渉も可能です。そのためには、ひとつの業者から見積もりを取るより何社かまとめて取りましょう。ひとつずつ聞いていると時間がかかるので、ネットの一括見積もりなどを利用するという方法もあります。「

すぐにでも依頼したい」「時間がない」というときには、現地に来てから見積もりを出してもらうのもおすすめです。特に大量に不用品がある場合には現地見積もりが必要になりますし、大阪府内であれば現地見積もりに対応してくれる業者は多いでしょう。現地見積もりをしてもらうなら、あらかじめ他の業者の価格をネットなどで調べておくと交渉の材料に使うことができます。

または、自分の希望価格をあらかじめ決めておくという方法もあります。予算を決めて、さらに最低どこまで依頼したいか決めておくのもいいでしょう。金額の交渉がなかなか難しいときには「◯円までなら出せる」「ここまでは依頼したい」とはっきり伝えることもポイントです。それに合わせて譲歩してくれるかもしれません。

業者の選び方次第ではさらに得をするかも?

不用品回収の中には、片付けからゴミの処分まで全部まとめて依頼できるところもあります。時間に余裕のない中での引っ越しや、ゴミ屋敷の片付け、そして遺品整理などさまざまなケースで利用すると便利です。不用品回収業者にもいろいろなタイプがあります。行政では回収できない不用品や粗大ゴミを処分してくれる業者もあれば、片付けと処分までやってくれる業者もあります。

さらに、リサイクル可能なものがあれば買い取りまで応じてくれる業者もあるのです。ゴミ屋敷の片付けや遺品整理の場合は、つい面倒で全部捨てたくなる人も多いかもしれません。しかし、中には意外と売れるものが入っている可能性もあります。この辺りをよく考えて業者選びをしてください。不用品回収の手数料だけを払うより、ずっとお得にできることも期待できます。大阪の場合も、買い取りに応じている回収業者は存在します。捨てるものはゴミとして処分してもらい、使えるものは買い取ってもらいましょう。

売れるものがあれば、そこから不用品回収費用にあてることもできます。何かお宝が発見されることもあるかもしれません。自分で使っていたもので使わなくなったものがあれば、それも一緒に買い取ってもらうのも方法のひとつです。特に、家電品や家具類など大きなものは処分が難しく、そのまま放置してしまうケースは多いものです。粗大ゴミの処分をしながら、ついでに売れそうなものを見てもらうのもおすすめの利用方法です。

必要なところだけ回収してもらおう

大量にあるゴミをそのまま不用品回収業者に持って行ってもらうのは楽です。大量に不用品が出たときに手間がかかるのがゴミの仕分け作業で、結構な時間を取られることもあります。仕分け作業の部分も全部不用品回収業者に依頼することはできますが、問題はその分の費用でしょう。予想より高くついてしまうなら、仕分けは自分でやることをおすすめします。仕分けしてみると、行政で簡単に回収できるゴミも出てくるかもしれません。

大阪府の場合は、リサイクルが必要な家電品を中心に回収できないものは限られています。地域ごとでの細かい決まりはありますが、柔軟な地域もあるので、回収してもらえるものは行政に依頼しましょう。そして、個人では処分が難しいものだけを不用品回収業者に依頼すれば安く抑えることができます。ただし、業者によっては仕分け作業も含めての料金設定をしているところもあるので、実際に聞いてみるといいでしょう。また、行政で回収に応じてくれても有料になっているものもたくさん見受けられます。

まず、行政の回収項目と手数料を確認してください。それと不用品回収業者の費用を比べて安い方を利用すればいいのです。行政には金額はできませんが、民間の不用品回収の良さは金額の交渉ができることです。行政に出しても有料なものなら、場合によっては民間を利用する方が安く抑えられるものもあります。不用品回収を依頼するなら、自分でできるところは自分でまとめ、あとはどの業者が安くできるかを比較することです。行政に頼る場合も実際は高いものもあるので、十分検討して利用すると失敗を防げます。