2019-01-07

買取

【アクセサリー・ジュエリー】買取が期待できる人気商品

【アクセサリー・ジュエリー】買取が期待できる人気商品

アクセサリーやジュエリーは身に着けなくなっても思い入れがあるので、捨ててしまうのではなくて買取してもらえるところを探したいですね。

中でも有名なブランドのアクセサリーや、グレードの高い宝石を使用したジュエリーは、高額で買取ってもらえる傾向があります。そこで、ジュエリーやアクセサリーを高く売るためのポイントや、高値で取引されやすいアイテムなどを紹介します。

高額で売れやすいアイテムやブランドは?

金や銀、プラチナなどの素材や宝石を使ったアクセサリーは、流行や時代に左右されない普遍的な価値を持っています。さらに、人気ブランドのアクセサリーであればなおのこと高額で買い取ってもらえる可能性が高いです。たとえば、ハリー・ウィンストンは上質なダイヤモンドを使ったアクセサリーを扱うブランドとしてよく知られています。ハリー・ウィンストンにデザインされるダイヤモンドは、純度と透明度が高い上質なダイヤモンドだけです。カットやデザインも、ダイヤモンドの輝きを引き立てるよう工夫されているため、時期にかかわらず高値で取引されます。

1847年にフランスで創業したカルティエは、ヨーロッパ各国の王室からも支持されている老舗ブランドです。アクセサリーのほか、時計や小物など、さまざまなアイテムを取り扱っています。アクセサリーでは、3色のゴールドを組み合わせた「トリニティ」というラインのアイテムや、ビスのモチーフを刻印したLOVEリングなどが人気です。

1906年にフランスで創業したヴァンクリーフ&アーペルも、ハイジュエリーのブランドとして有名です。ジュエリーのほかにも、時計や香水などあらゆるアイテムを展開しています。モナコ公室御用達のブランドで、職人の手作業により作られた繊細なデザインや、特許技術による独自のセッティングが特徴です。色彩豊かなストーンやゴールドビーズを用いた「ペルレ」コレクションや、四つ葉のクローバーのモチーフが愛らしいアルハンブラ」コレクションは特に人気があります。

シルバーアクセサリーにも需要はある

シルバーアクセサリーは金属としての希少価値は低く、宝石が付いていないデザインも多いので買い取ってもらうのは難しいアクセサリーの種類です。

しかし、ブランドによってはシルバーアクセサリーであっても高値で取引される場合があります。たとえば、メンズならクロムハーツやゴローズ、アレックスストリーターなどが人気です。レディースならティファニーや4℃、ブルガリ、ヴァンドーム青山などが高値で取引される傾向があります。シルバーアクセサリーは男女ともに需要が高く、ブランド品の買取業者やジュエリー店に限らず、リサイクルショップや古着屋でも買取ってもらえる場合が多い傾向です。

ただし、シルバーアクセサリーの査定額は銀の純度や保管状態が大きく影響します。シルバーアクセサリーに使われる銀は純銀ではなく、他の金属を混ぜて強度を上げているため銀の純度が高いほど、査定額が高くなります。純度を確かめるには、まずアクセサリーの刻印を見てみましょう。SV1000やSV950、SV925、SV900などの数字が刻印されています。数字が大きいほど銀の純度が高く、高値で取引される可能性があります。

また、ブランド物のシルバーアクセサリーには、ギャランティーカードや保証書が付属します。購入時の箱やケースなども含め、付属品がそろっていると価値が上がるため、買取を依頼する時には揃えておきましょう。使用していない時は柔らかい布で表面を乾拭きしてから保管しましょう。できるだけ酸化しないよう、ビニール袋に入れておくと安心です。シルバーアクセサリーは硫黄に触れると真っ黒に変色してしまうため、温泉に入る時は必ず外しましょう。自宅のお風呂であっても入浴剤を使用しているなら外しておいた方が無難です。万が一、シミや汚れがついてしまった場合は、銀製品専用の洗剤を使って落としましょう。

値段がつかない商品はどうすればいい?

人気ブランドのアクセサリーでなくても、金やプラチナでできたアクセサリーなら溶かして換金することができるので買取の需要がありますが、アクセサリーならどのようなアイテムでも買取ってもらえるとは限りません。

素材や状態によっては、買取金額がつきにくい場合もあります。

例えば、メッキを使用したアクセサリーは買取が難しいアイテムの1つです。メッキは薄く伸ばした金属を貼っているだけなので、純粋な金やプラチナはほとんど含まれていません。そのため、買取価格も安くなってしまいます。メッキ製品の素材はほとんどが鉄やニッケル、真鍮など価値が低い金属で、溶かしても買取の需要はありません。

有名なブランドのアクセサリーでも、宝石ではなくカラーストーンを使っている場合、値段がつきにくい傾向があります。逆に、ノーブランドのアクセサリーでも純度の高い金属やグレードの高い宝石を使用している場合は、高値で取引される可能性が高いです。なお、ジュエリーや貴金属を取り扱っている店舗でも、宝石の査定を行っているとは限りません。宝石の買取をしていない店では、ダイヤモンドでも値段がつかない場合があるので注意しましょう。

複数の店舗で査定を依頼しても値段がつかなかった場合は、不用品回収業者に回収してもらうという方法もあります。アクセサリーやジュエリーの他にも日用品で引き取ってほしいものがあったり、家具や家電といった大きなものでも回収してもらうことができます。状態が良いものであったり、一度に複数の品を引き取ってもらうと買取価格が付くことがあります。アクセサリーやジュエリー自体には値段が付かなくても、思わぬ品を買い取ってもらえるかもしれません。大掃除や断捨離で処分したい品がたくさん出た時には、ぜひ依頼を検討してみてください。