2018-02-20

不用品回収

不用品の処分は正しい知識で悪徳業者を予防する!?

不用品の処分は正しい知識で悪徳業者を予防する!?

引っ越しするときや新調した家具や家電があるときなどには不用品の処分も必要になることがあります。特に、大きな物や重い物を処分するのは想像以上に大変です。

しかし、処分の仕方がわからなかったり手間がかかったりするときは、優良な不用品回収業者にお願いしましょう。そこで、注意したいのが、悪徳業者に付け込まれないようにすることです。ここでは、一般的な回収の手順と悪徳業者の見極め方を紹介します。

不用品回収業者にもいくつかのタイプがある!?

不用品を撤去してくれる回収業者の中にもいくつかタイプがあります。

たとえば、「処分代行をサービスとしている業者」です。大きな家具や洗濯機、冷蔵庫などは、一般のゴミとして処分することが認められていません。

なぜなら、国や各自治体が法律と条例で処分方法が決めているからです。代行を主体としている業者は、正規料金に手間賃を加算して料金を決めていることがあります。料金的にも分かりやすいので、利用しやすいと感じるかもしれません。

他のタイプとしては、「回収品を修理して販売する業者」です。回収品のすべてを処分せずに再販するので、回収を無料で行うだけでなく、場合によっては買取に応じてくれることもあります。比較的新しい物や価値ある物を依頼するといいでしょう。

問題になるケースは、悪徳と呼ばれる不用品回収です。悪徳と呼ばれる理由も内容によってさまざまなケースがあります。たとえば、代行業者と同様にリサイクル料金を回収しながら、実際には処分せずに他人の土地などへ不法投棄してしまうというケースです。

このように、不用品回収業者といってもいくつかタイプがあるので、慎重に見極める必要があります。

悪徳業者の手口を再確認

優良な業者と悪徳業者は、一見しただけではわかりません。

しかし、ちょっとしたポイントに注意すると両者の違いがあらわれます。悪徳業者も電話や近所で声を掛けて不用品を回収するのは同じ傾向です。ただ、悪徳業者は優良な業者を装い、簡単に不用品を次々に回収していきます。

ところが、積み込んでから予想外の料金を請求してくることも珍しくありません。そのため、作業してもらう前にはしっかりと料金を確認しておくことがポイントです。優良な業者であれば、あらかじめ料金を教えてくれたり妥当な正規料金を請求したりします。積み込んでからでは遅いので、たとえ無料の回収とアナウンスしていても、必ず個別に料金を確認しましょう。

また、電話などで不用品を出張や回収してくれる業者にも注意が必要です。優良な業者でも、珍しい調度品の査定を間違えてしまうことは起こります。

しかし、悪徳業者の場合、わざと価値ある物を安く査定したりします。さらに、「処分が大変になる」など理由をつけて処分料を追加することも手口のひとつです。依頼者の処分したい気持ちを察して、回収料金を不当に上乗せするのでしょう。対策としては、高価な物は相場を知っておくと安心です。

また、自分で処分したときにかかる可能性のある料金と手間を確認します。重い物や大きな物はトラックが必要なケースも多く運搬も大変です。回収業者に頼めば手間を省けることを考慮し、自分なりの上限額を決めておきます。このひと手間を掛けておくだけで、業者との交渉はスムーズになるはずです。リサイクル料金や高価な物についての相場額を口にすることで、業者の応対も違います。

注意しなければいけないのは、押し買いを行う回収業者です。押し買いとは、自宅にあがり込み室内の価値ある物を不当な価格やタダ同然で持ち去る行為をいいます。窃盗や強盗に近い行為で、依頼者の弱みに付け入ります。どうしても室内まで業者を招き入れなければいけないときは、家族や友人などに同席してもうようにすると安心です。不用意に室内に招き入れないためにも、電話などで日時を打ち合わせ、突然の訪問には注意しましょう。事前に連絡すれば、相手の回収業者の所在地を確認できるのがポイントです。

不用品回収はみんなにとっても大切!

限りある資源を有効に活用するためにも、リサイクルできる物は制度に従い回収されなければいけません。一般ゴミとして捨てたり、不法投棄したりすれば、結果的に資源を無駄にします。だからこそ、優良な回収業者を見極める必要があるのです。

たとえば、大阪府内にもさまざまな回収業者を見つけることができます。軽トラックで駆けつけ、フットワークよく処分作業に応じてくれる業者や専門に扱う物を中心に引き取る業者もいます。

また、料金設定の方法に特徴を出し、トラック1台分なら定額で処分するなど分かりやすいサービスなら利用しやすいでしょう。

自治体と地域住民、さらには回収業者がしっかりと連携して、「使える物は必要な場所へ」「処分するのであれば環境に与える影響を抑えること」が大切です。悪徳業者の存在は、不用品が有効に活用されないばかりか、利用者にとっても不快な思いをさせてしまいかねません。十分な予防を行うことで、悪徳業者に付け込まれないような対策が必要です。

優良な回収業者ならサービス内容や料金設定が分かりやすいので、まずは電話で不明な点は気がねなく質問してみましょう。電話応対を参考して依頼しやすい業者が見つけます。まずは、見積もりを依頼してみましょう。出張料や運搬代などの追加料金を含めたうえで、納得してから正式に契約を交わせばスムーズに不用品を処分することができます。