大阪で粗大ゴミを処分する方法

大阪で粗大ゴミを処分する方法

大阪にお住まいの方で引越しや家具、家電などの買い替えなどによって粗大ゴミにしたいものが出た時、処分方法として3つの選択肢があります。自治体で行っている粗大ゴミ回収サービスを利用する方法、自分で粗大ゴミの処理場に持ち込む方法、不用品回収業者に引き取ってもらう方法です。それぞれの方法の概要やメリット、デメリットについて解説します。

自治体の粗大ゴミ回収サービスを利用する

自治体では粗大ゴミの回収サービスが行われており、大阪も例外ではありません。

ただし、粗大ゴミ回収サービスの利用方法はそれぞれの市区町村によって異なるため、自治体の広報誌やホームページなどを見て確認することが必要です。大阪市内であれば、「粗大ごみ収集受付センター」へ電話で申込をします。回収日・回収場所・手数料の金額を伝えられるので、メモを用意した上で申込をしましょう。自治体指定の取扱店で手数料分の「粗大ごみ処理手数料券」を購入します。手数料券はシール状になっているので、回収してもらう粗大ゴミに貼って指定された日に指定された場所まで自分で運んでおく必要があります。

自治体の回収サービスは他の回収サービスと比べて費用が安いことがメリットです。デメリットは、粗大ゴミを回収してくれる日が限られているため、引越しなどで日程に余裕が無い場合はサービスを利用することが難しいことと、一度の回収で出せる粗大ゴミの点数が決められているため大量に出したい場合は複数回に分ける必要があること、自分で指定の場所まで運ぶ必要があるため大型の家具や家電などでは運び出しが難しいことなどが挙げられます。

自分で処理場に粗大ゴミを持ち込む場合

大阪では自分で粗大ゴミを処理場に持ち込みすることもできます。

自分で持ち込む場合であっても、あらかじめ持ち込みたい粗大ゴミの品目を処理場に申し込みしておく必要があります。予約が多い場合や、工場の稼働状況などによっては希望日に予約を入れることができない場合もありますし、持ち込みができないものもありますので、事前にご確認ください。また、自分で持ち込みをするため、トラックなどの運搬手段を用意しておかなければなりません。メリットは、自治体の粗大ゴミ回収サービスに比べると自分で持ち込む方が費用が格段に安くなることです。デメリットは、申し込みのための電話をかける手間がかかることや電話がかかりにくいこと、不燃性の粗大ゴミと可燃性の粗大ゴミを一度に持ち込むことができないため分けて持ち込む必要があること、持ち込みできない品目があることなどです。

不用品回収業者に引き取ってもらう場合

大阪では粗大ゴミの不用品回収を行っている業者がたくさんあります。

不用品回収業者への依頼は、事前に電話またはインターネットから申し込みをしておけば、こちらの希望した日に家まで回収に来てもらえます。大きくて自分で運び出すことが難しいものや引越しで粗大ゴミが大量に出る場合でも、基本的には量や大きさや種類に関係なく回収してくれます。早ければ、申し込みをした当日に回収をしてもらえる場合もあります。

粗大ゴミとして処分したいものの中にまだ使えるものがあれば、不用品回収業者の中には買取をしてくれる業者もあります。ゴミとして出せば処理費用が必要になるところを、買取してもらえるものがあれば代金を相殺してもらうことができます。基本的にはどんなものでも引き取ってくれるので、大きなものや重いものでも運び出してくれるので、利用者側にはほとんど負担がないことは大きなメリットです。早ければ即日で引き取りしてくれるため引越しなどで日程に余裕がない場合にも便利です。

大阪の粗大ゴミは不用品回収業者に依頼しましょう

大阪で粗大ゴミを回収して欲しい時、自治体の粗大ゴミ回収サービスを利用する方法、自分で処理場に持ち込む方法、不用品回収業者に引き取ってもらう方法の3つの選択肢があります。それぞれにメリットとデメリットがありますので、ニーズに合った方法を選んでください。平日の昼間は忙しくて自治体や処理場に電話で予約を取るのが難しい方、自分1人では粗大ゴミの運び出しが難しい方、粗大ゴミを急ぎで処理したい方などは、都合に合った回収日時を指定できる不用品回収業者の利用がオススメです。