家電は分解すれば家庭ゴミに出せる?安くて楽な処分方法は?

家電は分解すれば家庭ゴミに出せる?安くて楽な処分方法は?

物を捨てるにもそれなりにお金がかかるのが常識となっているのが現代。

しかし、不要品には、できればお金をかけたくないのが人情というものです。家電を捨てる場合には粗大ゴミになることが多いですが、「自力で分解してしまえば家庭ゴミとして無料で廃棄できるのでは?」と考えたことがある方も多いのではないでしょうか。

しかし、ゴミの分類は自治体によって定められています。ルール違反にならないようきちんと調べ、正しい方法で処分するようにしましょう。

まずはチェック!家電リサイクル法

まず、家電のうちエアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥器の4品目は、家電リサイクル法に従って正しく処分する必要があります。これは、まだ使用できる部品を再利用し、限りある資源を有効に活用するためです。該当する家電を分解して廃棄すると罰せられます。

まず、新しい製品との買い替えの場合は、新品を購入する販売店に不要になった製品の引き取りを依頼することが可能です。

買い替えがなく単に処分をする場合には、その製品を購入したお店に引き取りを依頼することができます。新しく購入する製品と同種の製品であれば、台数の制限なく引き取りの依頼をすることができますが、別種の製品の引き取りを依頼することはできません。

引っ越しをして店が遠方になってしまった場合や購入店が不明な場合など、購入したお店に依頼することができない場合には、住んでいる自治体によって処分する方法が異なるため、処分方法を問い合わせるようにしましょう。

または、指定の引き取り場所まで自分自身で不要品を持ち込むこともできます。

家電リサイクル法に従って処分をする場合は、リサイクル料金がかかるので注意が必要です。引き取りを依頼されたお店が家電リサイクル券を発券するので、リサイクル料金と収集・運搬料金を支払い、家電リサイクル券の排出者控を受け取ることになります。

指定の引き取り場所まで自分で持ち込む場合には、事前に郵便局でリサイクル料金の振り込みが必要です。この場合は自分で持ち込むため、収集・運搬料金はかかりません。家電リサイクル対象製品以外にパソコンも家庭ゴミではなくメーカーによる回収が行われます。

分解して家庭ゴミにできる?それ以外の方法は?

 

家電リサイクル法の対象になる家電は、分解して家庭ゴミに出してしまうと処罰の対象になります。それに、ブラウン管テレビなど自力で分解すると危険が伴うものも存在します。

家電リサイクル法の対象外で、粗大ゴミとして廃棄しなければならないものは、どうすればよいでしょうか。

「分解すると家庭ゴミとして無料で出すことができるのか?」といえば結局のところはおすすめできません。やはり、危険が伴う場合もありますし、分解しても粗大ゴミは粗大ゴミとみなされる場合もあるので分解した手間がまったくの無駄になってしまいます。どうしてもやってみたい場合は、それぞれの自治体に問い合わせをしてみてからにすると良いでしょう。

やはり、一番安心な方法は、自治体の粗大ゴミ収集センターで申し込み、粗大ゴミ処理券を購入して廃棄する方法です。少しでも安く済ませたければ、自分自身でゴミ処理場に連絡してから持ち込むことで一番安く処分することができます。

使えるものに限られますが、それ以外の方法としては、「自分でネットオークションやフリーマーケットに出品する」「リサイクルショップに持ち込む」「不用品回収業者に回収してもらう」などの方法があります。これらの方法なら、使いたい人がいれば、まだまだ利用してもらえるので、処分する側としてもうれしいところです。それに、「少し使っただけ」「少し型落ちしただけ」の美品であれば高く買い取ってもらえる可能性が大きいです。引き取るだけなら無料という場合もあるので、お金を払ってゴミに出すよりずっとお得といえます。

一番楽チン!不用品回収業者へ依頼!

 

不要な家電を不用品回収業者に回収してもらう方法は、忙しい方や不用品を多く抱えている方にはおすすめの方法です。

まず、電話などで見積もりの依頼をすれば、自分の都合のいい日時に自宅まで来てもらえますし、業者によっては即日で運び出してもらうことも可能です。その他のメリットとしては、無料あるいは格安の料金設定をしている業者が多かったり、粗大ゴミとして処分できないものでも回収してもらえたりすることです。さらに、「自分で持ち込み」「面倒な手続き」の必要がないこともメリットでしょう。

逆に、デメリットもあります。物によっては粗大ゴミよりも割高になる場合があること、業者によっては悪質な場合があることなどがあります。業者を選定するポイントは、「インターネットなどで調べて不審な点がないか?」「見積もり依頼をするときに費用を確認してはっきりと回答が得られるか?」などです。

悪質な業者の場合は、なかなか概算を出さずに不当な高額の請求をしてきたり、実は回収した品を転売や不法投棄していたりということがあります。そのような犯罪に巻き込まれないよう信頼できる業者かどうかを見極める目が必要です。

インターネットで「不用品回収大阪」などと検索すればいくつもの業者や比較サイトが分かりますので、住んでいるエリア内で利用できる業者を選択しましょう。複数の業者に見積もりを依頼し、比較してから決めることもおすすめです。