楽器の処分方法とは?エレクトーンやギターで注意したいこと

楽器の処分方法とは?エレクトーンやギターで注意したいこと

昔趣味で使っていた楽器が、今となっては場所を取るばかり。いつもなら、不要になったものはさっと捨てることができる人でも楽器となると話は別でしょう。楽器には思い出が詰まっていることが多く、そう簡単にゴミにできるものではないのです。そんな楽器を最適に処分するには、どうしたら良いのでしょうか。

楽器を処分するときに注意したいこととは?

楽器を趣味としている人は、日本全国に大変多くいます。東京・大阪・沖縄にも、楽器が好きで楽しんでいる人がいるのです。楽器は、演奏者にとっては命の次に大切なパートナーのような存在といえます。

しかし、ライフスタイルはいつまでも不変なわけではありません。時間の経過と共に、いつしか楽器を使わなくなり処分を考えるときが来ることもあるのです。もちろん楽器は、ものによってはゴミとして出せるものもあります。例えば、カスタネットやすず、タンバリンなどの小さなものならば、普段のゴミとして処分することも可能です。地域によっては分別が細かいところもあるので、楽器を分解して処分しなければならないこともあるかもしれません。

しかし、その手間さえかければ、小さな楽器は比較的簡単に処分することができるのです。その反面、ギターやピアノ、エレクトーンなどの大きな楽器は、ゴミとして出すのは難しいものとなります。

さらに、電子ピアノや電子ドラムなどの電子楽器も増えている傾向です。これらも家庭ゴミとして処分できる範囲のものではありません。

もし、ゴミとして出すにしても粗大ゴミとして手数料がかかってくることが多い傾向です。そんな楽器を処分するときには、ぜひ注意したいことがあります。

まず、楽器は長く使えば使うほど年季が入って価値が上がるものがあります。特に、クラシックの楽器などは年月の経過と共に、その価値が上がっていく傾向が強いものです。

そのため、古いからと一概に捨てるという判断をしないようにしましょう。古いからこその良さが、その楽器には眠っているかもしれません。そして、次に注意したい点としては、楽器にはさまざまな素材が使われていることが多いという点です。

例えば、ヴァイオリンの場合は、ボディ部分は木だったとしても弦はスチールなどの素材を使っていたりします。そして、金属の部品も、要所で使われているのです。

もし、ゴミとして処分するのならば、これらをすべて解体して適切に処理しなければならないのです。

楽器の処分は不用品回収がおすすめ!

 

楽器の処分は、不用品回収が大変おすすめといえます。

リサイクルが浸透してきていることもあり、楽器も中古でも売れる時代です。そこで、自宅で眠っている楽器は誰かが必要としている人のために、リサイクルしていくと良いのです。

そうはいっても、楽器の状態によっては、とてもリサイクルできる状態ではなくリペアの使用がないものもあります。そんな楽器をまとめて引き受けてくれるのが、不用品回収なのです。不用品回収では、自宅に眠っている不用品のすべてを引き受けることができます。もうゴミとしか言い様のないものからリサイクルできるものまで、一手にお任せができるのです。

楽器は、特に素人目では「リペア可能か」「リサイクル可能か」の判断が付かないものです。また、ピアノやエレクトーンなどは、大きくて運ぶことすらままなりません。その点も、不用品回収ならば自宅まで回収に来てくれるので手間がかからないでしょう。

さらに、高価な楽器で価値があると判断されたものの場合には、買い取りができる場合もあります。すると、不用品回収にかかる費用から買い取り金額を差し引ける場合もあるのです。不用品を処分できるうえにリサイクルできるのならば、それ以上にうれしいことはありません。特に、大切にしていた楽器ならば、こうしてまた使ってもらえるようになれば心残りもなくなります。だからこそ、楽器は不用品回収がおすすめなのです。

楽器の価値を上げるコツとは?

 

楽器にはそれぞれ、違った価値があります。そんな価値を不用品回収業者にしっかりと見極めてもらうためにはいくつかのコツがあります。

まずは、汚れのないきれいな状態にしておくことです。どんなに価値の高い楽器であっても、ほこりまみれで汚れが激しければ価値が下がってしまうこともありえます。そのため、外せる部品はできる限り外してきれいに掃除しておきましょう。

また、リペアできる部分があるのならば、自分でできる範囲で修理しておきましょう。

次に、付属品などは一緒にすべてセットにしておくことです。ヴァイオリンには弓、ピアノには付属の鍵盤布や椅子などが付属品となります。ギターならば、ケースなども付属品とされます。こうした付属品などがすべてそろっていたほうが、評価が上がりやすくなる傾向です。

こうした点に気を付けて、ぜひ手ばなす前にしっかりと手入れをしていきましょう。楽器の処分を考えるのならば、まずは楽器の価値を考えてみることが大切です。まだ、価値があって誰かが利用できるのであれば、再利用していくべきなのです。そこで、楽器を適切に処分するための方法としては、専門の不用品回収に依頼する方法が一番といえます。ぜひプロに任せて効率的に処分していきましょう。