賃貸住宅で荷物がいっぱい!不用品回収で気を付けたいポイント

賃貸住宅で荷物がいっぱい!不用品回収で気を付けたいポイント

賃貸物件に住んでいるとものが増えたときに、自宅を改装して収納スペースを確保することはできません。また、引っ越しするときに不要な荷物がでるときもあるでしょう。そのような荷物を処分したいときに便利なのが不用品回収業者です。不用品の種類によっては自分で処分するとお金がかかりますが、業者を利用すれば無料で引き取ってもらえることもあります。

しかし、不用品回収業者は個人で経営している場合も多く、対応が業者によって異なりがちです。そのため、トラブルが多く発生しているので注意が必要です。ここでは、不用品回収業へ依頼するときに「どのような点に気を付けるべきなのか」について紹介します。

どのようなトラブルがあるか知っておこう!

最も多いのは「料金に関するトラブル」です。不用品回収業者の多くが、「引き取りは無料」としてアピールしています。しかし、「回収は無料でも、搬出や積み込みは別料金」「不用品を積み込んだ後で、急に料金を請求された」などのトラブルが多い傾向です。中には料金が発生するならキャンセルしようとしたところ、今度は「積み下ろし料がかかる」なんていわれてしまった利用者もいます。

つまり、悪徳業者にとって「回収料金は無料」という広告は単なる客寄せです。もちろん、実際に無料で回収を行ってくれる業者もいますが、それらを見分ける力が必要だといえます。

料金以外のトラブルで多いのは「回収方法に関するトラブル」です。洗濯機や冷蔵庫などの大型家電や、ソファやベッドといった大型家具を自分で処分するには大変な労力がかかるので、自宅まで引き取りに来てくれるサービスは非常にありがたいといえます。

しかし、不用品回収業者の中には自宅に上がり込んだのをいいことに、依頼した不用品以外のものを物色していくマナーの悪い業者がいます。「他に廃品がないですか?」や「これももっていきましょうか?」などとしつこく迫ったり、勢いでもって行ってしまったりする業者もいるので注意が必要です。

また、不用品回収業者の中には残念ながら正規の処分を行わず、不法投棄をする場合があります。中には「回収した人の近所に不用品が廃棄されていた」という悪質な事例もあるのです。

もちろん、利用者には落ち度はないのですが、自分の不用品が他人に迷惑をかけるというのは気持ちが良いものではありません。しっかりとした業者を利用することが大切です。

不用品回収業者を選ぶポイントは「自治体の許可と見積もり・領収書の発行」

不用品回収業者は基本的に自治体が許可を出していなければ営業できません。

しかし、トラブルを多く起こすような悪質業者の中には、許可を得ずに営業している場合があるのです。不用品の中でもリサイクルに回せるような廃品回収業には「一般廃棄物収集運搬」、回収時に買取を行うのであれば「古物商許可」といった許可が必要となります。ホームページをもっているような業者であれば、多くの場合で許可を公表しているでしょう。

また、ホームページがなくても、きちんとした業者であれば利用者が聞けばしっかりと答えてくれるはずです。逆に、答えをはぐらかすような業者には注意した方がよいでしょう。

また、見積書や領収書をしっかりと発行してくれる業者も比較的信用度が高いです。ただし、見積もりはあくまで回収前の段階で発行されるものですので、実際の回収後に別料金で請求される場合があります。そのため、可能な限り見積書に細かく料金を記載してもらい、回収前に「これ以上の追加料金は発生しないか」と念を押しておくとよいでしょう。

特に、領収書については、会社の情報を詳しく記載しなければいけませんので、どこかやましいところのある業者は発行を渋るということがあります。見積書を依頼するタイミングで「回収を依頼した場合は領収書を発行してくれるかどうか」も聞いておくとよいでしょう。

ポイントを理解したうえで不用品回収業者に依頼しよう!

不用品回収業者を選ぶときは、できるだけ期間に余裕をもっておくと交渉が有利に運ぶことがあります。不用品回収にかかる費用は業者によってまちまちです。

なぜなら、スーパーの商品のように値段がはっきりとかかれているわけではないからです。そのため、「この人は期間に余裕がなくて、他の業者に聞くつもりがないな」と依頼した業者に思われたら相場よりも高い費用を請求されるケースがあります。引っ越しが近づいてからではなく、「引っ越しが決まった段階」で早期に依頼するのが安くするためのポイントです。

また、一般的に引っ越しが多い3月は不用品回収業者への依頼も多くなりがちです。そのため、繁忙期をずらして回収を依頼すると少しは安くしてくれる業者もいるでしょう。

さらに、料金を安くしたいなら、複数の業者に見積もりをとることをおすすめします。不用品回収業者へ依頼するポイントとしては「許可を得ているか」「見積書や領収書をきちんと発行してくれるか」「余裕をもって依頼する」の3つです。

どうやって探したらよいかわからないという人は、インターネットでの情報や口コミなどの評価を参考にして選ぶのも方法のひとつだといえます。

ただし、安易に「無料」や「検索したら一番にでてきたから」などの理由で選ばないようにしましょう。不用品回収業者の多くは善良ですが、中には注意しなければいけない場合もあります。大阪にもたくさんの不用品回収業者がありますが、このような方法で選んでみてください。