2018-02-20

引越し

引っ越しのときに出やすい不用品は?どんな処分をすればいい?

引っ越しのときに出やすい不用品は?どんな処分をすればいい?

引っ越しが決まったときに、行わなければならない作業はたくさんあります。特に、手間がかかるのが、不要になった家具や家電などの処分です。引っ越しを機会に家具などを新調する予定の場合は、さらに多く不用品が出るでしょう。不用品は引っ越しをする日の前に、早めに処分する必要があります。

そのため、不用品の種類や処分方法を事前に知っておけば、手早い処分が可能です。余裕を持った処分が行えると、引っ越し当日に慌てることもないでしょう。

この記事では、不用品の種類と処分する方法を紹介します。

どんな不用品が多い?

引っ越しのときに出る不用品の種類は、小型のものから大型のものまでさまざまです。

特に、ベッドやタンスなど大型の家具や、冷蔵庫や洗濯機、テレビなどの家電が不用品として処分されやすい傾向にあります。大型の家具や家電は普段の生活の中で処分する機会がないため、処分方法が分かりにくい不用品です。

ベッドのマットレスや布団、タンス、机などは粗大ゴミに分類され、通常のゴミ収集では回収してもらえません。そのため、特別な処分が必要になるでしょう。粗大ゴミには電子レンジや扇風機も含まれます。小型家電であるミキサーやトースター、ドライヤーなどは不燃ゴミとして通常のゴミ収集に出せるため、分類の違いには注意が必要です。

また、自転車や子どもの遊具、ストーブなどリサイクルが可能な製品はリサイクル収集の対象になっています。リサイクル対象製品は、ゴミ収集センターに申し込みを行って回収してもらいましょう。

一方、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電は粗大ゴミに出せません。そのため、自治体で指定されている処分方法に従う必要があります。

粗大ゴミに出せない家電は冷蔵庫や冷凍庫、洗濯機の他はエアコン・テレビ・衣類乾燥機・パソコンなどが対象です。大型家電の回収は家電量販店が行うように法律で定められています。近くの家電量販店に問い合わせてみるとよいでしょう。

ピアノや耐火用金庫、ドラム缶など特殊な家具や製品も粗大ゴミの収集に出せません。それぞれに適切な処分方法を調べる必要があります。

不用品の処分はゴミの分類や回収方法を調べてから処分を行うため、とても手間がかかる作業です。不用品の仕分けが終わったら、処分するスケジュールを立てるとスムーズに不用品を処分できるでしょう。

不用品の処分方法は?

 

不用品を処分するには、いくつかの方法があります。「リサイクルショップに買い取りをしてもらう」「自治体の回収サービスを利用する」「引っ越し業者に依頼する」「不用品回収業者に依頼する」方法の4種類です。

リサイクルショップでは、あらかじめ買い取りの対象となる製品や基準が決められているため注意しましょう。古い型番の製品や、傷や故障があるときは買い取りが不可能な場合があります。ショップによっては買い取りではなく引き取りに変更できるサービスもあるため、確認するとよいでしょう。

粗大ゴミとして回収を依頼する場合は、自治体の不用品回収サービスが適しています。料金などの詳細は自治体によって異なりますが、サービスを利用するには事前に自治体への連絡が必要です。

大阪市の場合は、粗大ゴミ収集受付センターに電話をして、不用品に処理手数料券を貼り、回収日に不用品を収集してもらいます。自治体の不用品回収サービスでは回収の日時と場所が指定されるため、処分するまでに時間がかかるのがデメリットでしょう。

引っ越し業者の中では、不用品の回収サービスを行っている業者もあります。契約が複雑にならないので便利です。しかし、回収できない製品があったり、回収サービスを行っていなかったりする場合があるため、不用品をすべて処分するのは難しいでしょう。

不用品を処分する際に、最も手間と時間がかからない方法が不用品回収業者の利用です。

不用品回収業者に依頼すると、ゴミの種類や処分方法の違いにかかわらず、一度に処分ができます。不用品が大量にあっても回収が可能です。不用品回収業者に依頼する際は、契約内容や料金を明確にするために、見積もりを出してもらうようにしましょう。

迷ってしまったら不用品回収業者に依頼しよう

不用品の中で処分の方法に困るのが、粗大ゴミに分類される大型の家具や家電などです。種類によって処分の方法が異なるため、複雑に感じられるでしょう。

不用品を自分で正確に分類し、処分を行うとすると、多くの時間と手間が必要になります。余裕を持って引っ越し当日を迎えるためには、不用品の処分にかかる時間と手間をできるだけ減らすのが大切です。不用品回収業者に回収を依頼した場合は、一度にたくさんの不用品の処分ができるでしょう。

特別なリサイクルが必要になる大型家電も一緒の処分が可能です。回収作業を行う日時も都合の良いときを指定できるため、なるべく早く不用品を処分できます。

不用品の処分に悩んでいる場合は、不用品回収業者の利用を選択肢に入れてみるとよいでしょう。